1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:11:26.51 ID:7BtI8WvH0
ずーっと経済世界1位だし。

10年前はアメリカが1位で日本が2位と言われてて、
今は中国が日本追い越したとか言ってるけど、アメリカはそんなの関係なく今も昔も1位。

他の分野でも他の追随を許さず、別の国を圧倒的に引き離して1位だし。
何でアメリカこんなにすごいの?


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:13:21.16 ID:YTpMPgc00
第一次世界大戦でそれまでの世界の中心であったヨーロッパ列強国は多くが直接的に戦争の被害を被り工業とかの産業界も
財政的にも疲弊したのに対してアメリカ本土は被害を受けなかった。それどころかヨーロッパに軍や兵器を輸出するための巨大な軍需のお陰で
工業がむちゃくちゃレベルアップした上に必死で戦争してるヨーロッパの連合国に金貸しまくったお陰でぼろ儲けでウッハウハ。
ヨーロッパは落ちぶれてアメリカは一人ぼろ儲け。アメリカ最強時代はそこから始まった。第二次世界大戦でも同じような感じ


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:38:43.60 ID:CO3RCkbO0
>>3見ると、当時のヨーロッパがアメリカ、アメリカが中国に今度なっても不思議ではないな


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:46:36.63 ID:CO3RCkbO0
アメリカに目を向けなくても日本でも徳川家康とか、明治維新の薩長とかが
なんで覇権を握ったか原因を調べるとと面白いよな

>>3みたいな話に興味ある人ならハマるだろう

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:15:34.54 ID:gmX6FAuf0
アメリカだけが全てを独り占めしている分けでないのに何をやらせても
一番になってしまう。アメリカイズナンバーワン。
諸説あるが混血民族の中でも特に混血の度合いが強いので優秀だとする説も。


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:15:56.78 ID:ubqjDY190
その前はパックスブリタニカとか大英帝国とか言ってイギリス強かったじゃん?
なんでかしらないけど黒人の身体能力高いじゃん?
アメリカ大陸にイギリス人が入植するじゃん?黒人奴隷つれてくるじゃん?
そんなかんじ


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:18:47.04 ID:T//clT8k0
元々移民で、移民を積極的に受け入れる思想があって、
色んな人種の色んな能力を持った人が集まって強くなったんじゃね?


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:20:36.55 ID:gmX6FAuf0
>>9
それは何処の国もやってるんですよ。
その中でもまた混血が混じりに混じってゴチャゴチャになっているから優秀なんです。


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:25:43.85 ID:T//clT8k0
>>14

遺伝子的に混血だと優秀な人が生まれやすいってこと?
オモロい。

けど文化的な背景も要因として結構でかいと感覚的に思うけど。


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:19:17.54 ID:SYsSXcSF0
アメリカの軍事力が世界最強だから
強いやつは何をするにも有利なんだよ

中国の軍事力増強が~とか最近言うだろ?
世界の軍事費グラフで見てみろアメリカギャグだぞ



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:22:18.55 ID:gmX6FAuf0
>>11
無尽蔵に伸び続けているから怖いんです中国は・・

やはり市場開放は大事ですよ。日本は閉鎖的だからダメなんです。
外国資本を本格的に受け入れましょう。


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:24:01.40 ID:BZpb1Tus0
>>17
>無尽蔵に伸び続けているから怖いんです中国は・・

中国の軍事費とアメリカの軍事費比べてみろwwwwwwwwwwwwwwwww


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:24:43.93 ID:gmX6FAuf0
>>21
頭打ちのアメリカ国防費と無尽蔵に増え続ける中国国防費。やはり中国は脅威です。


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:26:44.66 ID:BZpb1Tus0
>>22
中国はどんなにもっても後2~3年で終わるから無尽蔵じゃないよ


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:28:03.63 ID:gmX6FAuf0
>>25
2、3年で終わられたら困るのはアメリカや日本なんです・・・
うぅぅ・・


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:28:42.28 ID:BZpb1Tus0
>>28
お前バカか中国人だろwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:30:29.81 ID:RiI8h7Ao0
>>29
そう言って何年経ったんだよ


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:34:33.33 ID:BZpb1Tus0
>>33
逆に今から中国が伸びる要因があるなら教えてくれ


141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:06:28.47 ID:I0mY57+D0
>>17
118020322_f5132e3fba_o
http://www.flickr.com/photos/kielbryant/118020322/in/set-72057594137096110/



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:10:05.30 ID:BZpb1Tus0
>>141
何回見ても噴くwwwwwwwwww
チートってレベルじゃねぇwwwwwwwwwwww



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:21:40.83 ID:T//clT8k0
>>152

日本が発展するためには、、

①人的資源しかないわけだから、教育を今後伸びる産業(IT)に合わせて改革を行う

②政治の権限を地方に委譲。政治に国民の知恵を適用させるために。

③移民を積極的に受け入れる体制を作る。多様性を作るために。

異論があるだろうがオレはこんな感じ。


162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:13:31.59 ID:CO3RCkbO0
>>141
現時点でアメリカ単体vs世界でもアメリカが勝つくらいの軍事力はあるらしいな
世界の半分以上の基地、軍事力はアメリカが保有してる訳だ


167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:15:11.70 ID:gmX6FAuf0
>>162
核兵器はロシアが一番持っています・・


171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:16:40.90 ID:OVDC5keX0
>>167
アメはもっとヤバイのたくさん持ってるでしょ


173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:17:14.27 ID:mCo+LIWw0
>>167
核戦力ではそろそろMADが成立しなくなるほどアメリカが中ロに対して優位になってるらしいよw

Foreign Affairs:The Rise of U.S. Nuclear Primacy
http://www.foreignaffairs.org/20060301faessay85204/keir-a-lieber-daryl-g-press/the-rise-of-u-s-nuclear-primacy.html

because the age of MAD is nearing an end. Today, for the first time in almost 50 years,
the United States stands on the verge of attaining nuclear primacy. It will probably soon
be possible for the United States to destroy the long-range nuclear arsenals of Russia or
China with a first strike.



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:13:45.88 ID:I0mY57+D0
>>141
自己安価だけど中国・露西亜・日本という
極東地域の国々が2位以降に並んでるのは面白いなあ
そしてUKから欧羅巴の名前が入ってくる

まとめると近隣で競争してんだなあ


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:20:53.73 ID:CO3RCkbO0
それでもモンゴル帝国や中華秩序に比べたら歴史が浅いだろ
イギリス帝国は超えたかもしれんが

しかし本当に怖いのはこういう覇権国家が崩壊した瞬間だな
日本は特に被害が大きいだろうから、アメリカを全力で支えていかないと


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:23:12.24 ID:kbErHqdi0
世界大戦でおいしい思いだけしたから


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:23:14.38 ID:gmX6FAuf0
第一次大戦時にヨーロッパがそのままアメリカに引っ越してきたわけですから
ああなるのは当たり前です。


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:23:29.62 ID:daTqEMge0
まず映画(ハリウッド)を作りまくったのがアメリカの賢いところ


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:25:59.25 ID:gmX6FAuf0
国防比率の低い日本の財政が大赤字な不思議。


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:26:56.88 ID:OVDC5keX0
地政学を利用してるから
アメリカにとって太平洋戦争はABCDラインの時から始まってた


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:29:29.00 ID:50ka2Q1z0
中国はソ連にはなれない

ただ、もし民主化やらなんらかの自主改革の動きがあれば予測不可能になるけど


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:34:33.33 ID:BZpb1Tus0
>>30
軍閥間の対立があるから自主的には無理だろうな


459:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 09:16:30.76 ID:SmYy8C5/0
>>30
ソ連を買いかぶり過ぎ
中国と言う国は、ソ連よりはよっぽど足元がしっかりしている国家だと思うよ


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:29:34.40 ID:CO3RCkbO0
日本を工場化しようとしたら、思いのほか早く先進国化してしまったんで
今中国に期待してるんだろアメリカは

宗主国が喜ぶうちは、中国の繁栄を喜ぶべき


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:31:47.10 ID:HL5taKUK0
どうしてアメリカは繁栄したのか考えていきましょう!!


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:39:00.29 ID:T//clT8k0
>>39
アメリカが繁栄の理由

①第一次世界大戦の悪影響を受けなかった。

②混血民族の中でも特に混血の度合いが強いから

③多民族国家で文化的に外の民族を受け入れる風土があったから

④広大な大地と奴隷を無料同然で手に入れたから

⑤世界の制海権を持っていて軍事力が強いから

>>39は?



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:47:46.29 ID:khTNwHBg0
>>59
残念だけどアメリカの歴史について詳しくないのだ


100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:54:32.67 ID:T//clT8k0
>>83
オレもだ。

アメリカ繁栄の理由

①第一次世界大戦の悪影響を受けなかった。

②混血民族の中でも特に混血の度合いが強いから

③多民族国家で文化的に外の民族を受け入れる風土があったから

④広大な大地と奴隷を無料同然で手に入れたから

⑤世界の制海権を持っていて軍事力が強いから

⑥自由な資本主義体制や保護貿易主義などのシステムを他国より早く作ったから

こう見ると日本に適用できそうなの、民族を受け入れるくらいしか無い気がするんだが…
やっぱ日本独自を強みにしていくべきなんだろな。



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:06:20.50 ID:khTNwHBg0
>>100
いろいろ要因はあるんだろうけど
内需から外需や金融商品を発展させたのもあるとおもう


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:33:12.02 ID:OVDC5keX0
太平洋と大西洋に面しており、世界の制海権を持っている
だから、どこにでも軍隊送れるし強い


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:36:12.42 ID:OVDC5keX0
ぶっちゃけ、中国は30年伸びてるからここらで経済崩壊するよ
経済っていつもそんなんだし


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:36:37.62 ID:gmX6FAuf0
アメリカが買ってくれなければ中国に買ってもらうしかない。
中国ケシカランと言っている一方で中国さん頼みますと言っている。
世界が抱えているジレンマです。


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:38:41.38 ID:OVDC5keX0
ぶっちゃけアメリカに一泡吹かせたいなら
アメに介入させずに
豪州、インド、韓国、ベトナム、フィリピン、タイと集団軍事協定結ぶしかないよ



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:38:50.70 ID:gmX6FAuf0
内需国と言っても主幹産業の主力は今尚輸出です。
リーマンショックで輸出が滞ってしまったために大不景気になってしまったのです。


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:40:01.37 ID:OVDC5keX0
日本はアメの庭扱いされてるけど、
いずれアメは日本とまた戦うみたいな本が
アメでまじめに売られてるからな


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:40:02.05 ID:LEFN1Twa0
中国の最大の強み
共産党「そろそろ緊縮するからおまえとおまえ、商売やめろ」
業者 「首をくくれと(泣)」
共産党「今銃殺刑とどっちがいい?」


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:42:10.66 ID:CO3RCkbO0
>>63
銃は使わないだろうが日本もそういうのはやる
政治の世界では当たり前の光景だな・・・


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:49:15.16 ID:LEFN1Twa0
>>70
成田の土地収容が上海空港と同じ手法がとれればどんだけ安くあがったことか


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:40:26.04 ID:gmX6FAuf0
内需と言っても相変わらず日銀が金融規制を解かないので消費は伸びません。
それが今の日本の現状です。


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:41:00.19 ID:xtLRvOVu0
アメリカの富豪は絶対に負けない世界のシステムを創り上げた
誰が勝とうと誰が負けようとアメリカに金が流れる

勝てるはずがない。世界崩壊でもしない限り



69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:41:47.47 ID:gmX6FAuf0
アメリカにどれだけの車を売ったと思ってるのですか。
地球を四週するだけの量の車をアメリカに買ってもらってたんですよ。


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:42:27.77 ID:h3Jn2buN0
今たまたまそうなってるだけ
そのうち変わるよ
ローマ帝国もモンゴル帝国も滅びた


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:42:43.58 ID:OVDC5keX0
アメが日本とドイツを自分の陣営に引き入れたからというのもあるな


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:44:46.17 ID:BZpb1Tus0
>>74
それもでかいな


85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:48:11.61 ID:CO3RCkbO0
>>74
天皇制をあえて残したのも、他のアジアの反米国家に対する一種のアピールだったらしいが
敵国だった日本を植民地にせず、(表面上は)ほぼ対等に扱ったのは今のアメリカの覇権に大きな影響を与えたと思う


94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:52:34.11 ID:BZpb1Tus0
>>85
天皇制は本当は廃止したかったんじゃないかな
しかし当時の日本人のメンタリティだと天皇やっちゃうと最後の一人までゲリラ戦覚悟せにゃならんし
沖縄とか硫黄島とかカミカゼでアメはビビっただろうしなぁ


123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:01:16.81 ID:CO3RCkbO0
>>94
その洗脳を解いたアメリカはそうとうすごいな
今で言うなら北朝鮮を説得させるのと一緒だもんな


132:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:04:46.21 ID:BZpb1Tus0
>>123
いや、さらに上から洗脳しただけだろwwwwwwwwwwwwwww
ニホンワルイクニアメリカイイクニコジンシュギダイジカネガスベテ


105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:56:11.39 ID:tBm7Jz4F0
>>85
日本の社会主義化を懸念してたからでしょ


79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:46:10.75 ID:YTpMPgc00
第一次大戦前アメリカが若い国家でありながら急速に発展したのはやはり広大な国土と潤沢な地下資源
それと競争原理を尊重した自由な資本主義体制とそれに加えて保護貿易主義によるものがある。
西海岸から東海岸まで繋ぐ巨大な鉄道輸送網の整備と鉄鋼や石油の採掘の要求は急速に重工業化をプッシュし
また鉄鋼・石油にいち早く目を付けた企業は制約の少ない自由競争の下で巨大企業に成長して巨万の富を築いた。
この時代にのし上がってきたのがUSスチールとかロックフェラーとか、あとJPモルガンとかもね。こいつらが後に軍需とも結びついて
WWⅠでウハウハ状態になる


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:47:54.94 ID:OVDC5keX0
戦争で参加したけど自国にダメージなかった国は
例外なく繁栄する


86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:48:32.98 ID:gmX6FAuf0
>>84
日本はカネだけ出してコノヤローと叩かれて没落する国もあるw


88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:49:18.45 ID:xtLRvOVu0
政治視点から強さを考えるのは筋違い
政治を決めている金持ちを見ないと

世界のルールと流れは金持ちが決めてるんだ
アメリカの金持ちが世界最強だった、それだけだ


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:51:53.25 ID:CO3RCkbO0
ドイツが追放したユダヤ人の研究者を集めて原爆作らせちゃうあたりの
寛容性もすごかったんだろうな

普通に考えたら、中国ですらトラブルだらけなのに、急激に巨大化した
多民族国家がよく崩壊しなかったと思う
まぁ中国は歴史が長いから逆に民族間のトラブルだらけなのかもしれないが


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:56:13.00 ID:BZpb1Tus0
>>93
そこはキリスト教だったってのが一番でかいんじゃね?


95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:52:34.35 ID:OVDC5keX0
まず一時大戦の後始末で日英を引き裂きます
つぎに満鉄の事件でリットン派遣して経済封鎖の口実作ります
経済封鎖します
ハルノート突きつけて日本を戦争させます
日本あぼん
それが奴等の戦争するときの常套手段です


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:54:08.63 ID:gmX6FAuf0
あれだけの物凄い量の製品を買ってくれるのはアメリカだけだったからアメリカに
売るだけ売りまくって儲けたの日本は。
そのくせアメリカからの輸入はさせなかった。
だからアメリカは煮えくり返っていたんだけどどういう分けか長年黙認していた。


104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:56:07.08 ID:50ka2Q1z0
>>98
すげぇ
中学校の教科書に書いてある通りの模範解答だ!


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:57:11.59 ID:gmX6FAuf0
>>104
いやリアルで見てたからwアメリカの失業者が日本車をぶっ壊してたのも見たよw


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:54:53.17 ID:YTpMPgc00
WWⅠ以降のアメリカは戦争をすれば儲かる体質になった。WWⅠでもWWⅡでも朝鮮でもベトナムでも湾岸戦争でもアフガンでもイラクでも
アメリカは戦争は沢山やってるけど全部海外でやってる。アメリカ本土は全然その被害を受けない。
戦争ってのは国土が被害を受けると経済も萎えちゃうけどそうでなければ工業や経済がフル回転するといういい側面がある。
兵器だけでなく戦地へ送る食料とか衣類とかを大量に生産して大量に消費するんだから。しかもそれらは国が買ってくれるから
企業は安心して大量生産できる。アメリカは特にそういう戦争と企業の結び付いが強い。


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:56:55.02 ID:OVDC5keX0
アメリカに嫌がらせするには、ハートランドの周りのリムランドの国と仲良くするというのが


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:56:56.41 ID:LEFN1Twa0
イギリスがチャーチルに代わるまでの間ナチスに融和政策をとったりしなければ
アメリカに莫大な借金しなくても大戦を終了できた

独裁の芽を探し悪の枢軸と呼んだりしてこれを潰す
対テロ戦争に見られる「攻性」の態度はこの反省に立っている


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:57:00.00 ID:PW8E7IzY0
戦争でできた国だから戦争=悪とは思っていない点
ベトナムでも変わらなかった程年期入ってるよ


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:57:27.30 ID:8t2FkexnP
でも、アメリカも日本ほどではないにしろ、大分衰退した
昔は、クリスマス特需っていって
クリスマスシーズンになると、アメリカへの輸出量が激増したけど
今は、旧正月特需っていって、旧正月になると中国への輸出量が激増する
中国がアメリカを超える日は、そう遠くないと思う


131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:04:21.44 ID:CO3RCkbO0
>>114
中国とアメリカ、二大大国の板ばさみに合いながら
高い技術を保持してるって、琉球王国の歴史を追ってるみたいだ

その結末は・・・・・w


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 03:58:35.56 ID:OVDC5keX0
アメリカ人が衰退したと思ってるだけだろ
金持ちがチートなんだし簡単にくたばるとは思えない


120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:00:58.73 ID:50ka2Q1z0
90年代までは市場が限定されてたからなぁ
今日は市場経済システムに中国が加わったもんだから
当然日本の地位は相対的には下がるわけだ


さて、その中国さんは矛盾したシステムのままこのまま突っ走れるか、と


125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:02:03.02 ID:gmX6FAuf0
鄧小平を新幹線になんか乗せなければよかったんだ。
あれで鄧小平はコンプレックスを抱いて日本を追い越せと躍起になった。
あんなもん乗せるんじゃなかった。


126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:02:05.47 ID:YTpMPgc00
まぁあとWW1とWW2というヨーロッパが困ってる絶好のチャンスでヨーロッパに金貸して偉くなったってのもあるね
ヨーロッパが戦争から復興できたのはアメリカが金貸してくれたおかげもあるんだから


128:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:02:10.73 ID:xtLRvOVu0
アメリカ人の9割が貧困にあえごうとアメリカには関係ない
兆単位で金持ってる富豪が世界中の富を集めている
市場がアメリカから中国に移ろうと儲けるのはアメリカの富豪だ


130:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:03:33.28 ID:OVDC5keX0
アメリカの自分たちは正義って
大日本帝国の日本は神国といってるのと同じ



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:05:22.44 ID:DLCKCT620
>>130
違うだろ


140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:06:28.84 ID:50ka2Q1z0
>>130
いやあれよりタチが悪い
日本の場合指導者が「神国!神国は負けねぇ!」って言ってても
臣民は内心では「こりゃ負けるな・・・陛下とこの国はどうなるんだろ」
って冷めた見方をしてた・・・・
ってばっちゃが言ってた

アメリカの場合国民も本気で「俺らが正義」って信じこんでるからな



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:07:13.44 ID:DLCKCT620
>>140
お前は映画の見すぎ


149:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:09:21.00 ID:CO3RCkbO0
>>140
日本を民主化させた国がどこか知ってるかお前?
あと日本との戦争だってもちろん反対してた人も多かったよ

当時のプロパガンダがすご過ぎて、賛成派が懐柔されていっただけで


134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:05:21.37 ID:V58V/l580
一億人が贅沢する為にその十倍以上が搾取あるいは放置されてるだけだ中国は勝手に自滅する

あんだけ一極に市場集めてるが、すでに大卒が数百万単位で職がない

反日教育で矛先ずらそうとしてるが、頭のいい若者は黙ってても気がついてる

後は世界情勢的なキッカケがあれば瓦解するのは目に見えてるし、苦労してる何十億人が中国に期待することはないだろう

中国の発展に危機を抱く必要はまるでないが、中国の崩壊には備えておいたほうがいい


145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:08:26.25 ID:BZpb1Tus0
>>134
それと一人っ子政策とか言う人類がいまだかつてやったことないバカな人口操作で
男の割合がアホみたいに多いしな


138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:06:18.37 ID:T//clT8k0
で、結局日本はどうしていけばいいんだろね?


152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:10:05.30 ID:BZpb1Tus0
>>138
大事なのはそこだよな
中国なんかどうでもいいんだよ


143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:07:06.59 ID:OVDC5keX0
ウィキリークスで、中国高官がうち、成長率ごまかしてるんよね///って言ってたって情報あるんだろ?


146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:08:42.19 ID:lH3/3iBs0
だいたいさ、日本とか基本的に日本人しかいないけど
アメリカとか黒人、白人、黄色人種とか人種のるつぼで
ずるいだろ。逆にあれで一番にならないのがおかしい


147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:08:49.85 ID:LEFN1Twa0
マスゴミがよくアジアの優秀な人材がーとかやってるけど
人件費上がった中国に用ある?


156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:11:09.92 ID:8t2FkexnP
>>147
日本企業は、世界で最も巨大な市場の中国でやっていくのに必死でしょ?
中国で成功するには、現地企業化する必要があるから
中国人社員が必要になるわけだな
ついでに、ゆとり日本人より厳しい競争に揉まれてる中国人の方が優秀というのもある


161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:13:25.18 ID:BZpb1Tus0
>>156

>世界で最も巨大な市場の中国

これ笑うとこ?


174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:17:43.12 ID:8t2FkexnP
>>161
お前、典型的なネトウヨだな…
中国の新車販売台数、2010年が前年比30%増の1800万台だぞ?
2位のアメリカですら1160万台
ぶっちぎりで世界一の市場だろ
ちなみに、日本は500万台


458:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 08:44:43.47 ID:Ng0/atVi0
>>147
中国の80年代生まれのメンタリティーが、日本の団塊やポスト団塊と一致するらしいよ。
人件費など抜きで日本の若者より中国の若者を必要としている企業は沢山ある。
実際に日本人の新卒よりも高待遇で中国の新卒を迎え入れている企業が結構ある。

能力があるという理由より、必死に働いてくれそうな所がウケてるみたい。
日本の若者はおっさんに見捨てられた。


155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:10:21.49 ID:gmX6FAuf0
教育もあるかな。
アメリカもゆとり教育みたいな事をやって国力が著しく衰退した時期があった。
アメリカが80年代から本格的に取り組んだ教育改革が実った結果だろう。


160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:13:12.61 ID:khTNwHBg0
>>155
そういうアメリカで起きた社会現象・社会問題など
詳しく書いてある本って何かある?


166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:14:46.83 ID:CO3RCkbO0
>>160
大体アメリカで起きた事が少し送れて日本にも起こるって言うけど
なんで失敗した例まで真似ちゃうんかね?


170:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:16:22.45 ID:gmX6FAuf0
>>166
どういう分けかアメリカの現象が日本にも影響しますね。悪い所は真似したくない所ですね。


180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:20:08.98 ID:khTNwHBg0
>>166
歴史は繰り返す
道に迷ったときや未来がどう動くのか気になるときは
歴史を学べばきっと道が開ける!!


184:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:21:24.70 ID:CO3RCkbO0
>>180
大国の板ばさみにあってるような国の末路なんて・・・・
ああ、だから日本は終わったと騒ぐ人もいる訳か


189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:22:37.87 ID:fLkdsr3A0
>>184
そうだよなぁ
徳島と岡山に挟まれた香川とかうどんしかないもんなぁ


199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:24:16.75 ID:CO3RCkbO0
>>189
うどんがあるだけマシだろ
というか、無理にでもうどんで特徴付けてるだろ香川は


202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:25:37.08 ID:OVDC5keX0
>>199
しばらくしたら移民取らざるを得なくなると思う


218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:30:22.54 ID:CO3RCkbO0
>>202
いやとっくに移民やってるよ
跡取りが少ない農村地区なんて、どんどん中国フィリピンから研修生が来とる
日本人より役に立つと大喜びさ、結婚相手にもなるしね


157:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:11:49.00 ID:YTpMPgc00
ていうか今の日本終わりすぎだろ。日本がいつまでも不況から脱出でき無いのを指してアメリカの偉い人が日本みたいになりたくない
っていったんだしょ



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:14:07.38 ID:lH3/3iBs0
今の日本は終わりすぎって言うのもある種の洗脳ぽいけどな


176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:18:43.01 ID:BZpb1Tus0
>>165
なんで終わりすぎてる国が資源なしで貿易黒字国なんだよっていう


191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:23:04.31 ID:tBm7Jz4F0
>>165
今の不況は所謂バランスシート不況ってやつ
護衛船団ってガッチリ守られてる企業はしこたま儲かってるし溜め込んでるよワラ


172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:17:02.49 ID:3aOiAzj/0
ルールを作ってる国だからそもそもかないっこない。


178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:19:47.68 ID:V58V/l580
確かに教育だな

今の日本にはこれが第一優先、いまの世代には犠牲になってもらうほかない

まず、
政治⇨マスコミの扇動であっさり民主
経済⇨お金を稼ぐってなんかがめつくね?節約節約
哲学⇨ふーん、きもいね。楽しければいいや

大半がこれ、これどうにかしないとどうしようもない
その中である程度思考力があっても教養以前に興味がない
さらには教養と合理的思考があると逆にどうでもいーやになる日本

ゆとりってレベルじゃねーぞ


185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:21:40.83 ID:T//clT8k0
>>178オレも長い目でみたら教育が最優先だと思う。

なんか他にある?


181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:20:11.41 ID:OVDC5keX0
アメリカには当分勝てない
中国も、そして日本も


187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:21:58.42 ID:50ka2Q1z0
>>181
少なくともそれだけは正しいな。
ただ相対的な地位は日本はもちろん中国も今後下がるかもしれん


186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:21:48.90 ID:mCo+LIWw0
バブル崩壊→デフレの流れについては日本がアメリカの10年以上先を逝ってるw


188:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:22:02.99 ID:OVDC5keX0
ま、歴史繰り返すなら日本は戦前世代消えたら将来軍国化するんじゃないの?


206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:26:35.46 ID:CO3RCkbO0
>>188
今のネトウヨ世代が、子供たちを戦争に大手で送り出すのか
胸熱だな


197:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:24:11.30 ID:mCo+LIWw0
Thomson ISI 世界的に引用されている研究者数 (国別)
2010.11.02

米国        4138      ノルウェー      14
英国        440      インド         9
日本        266      アイルランド     8
ドイツ        264      南アフリカ      8
カナダ       195      ハンガリー      7
フランス      166      ロシア         7
オーストラリア   121      ギリシャ        6
スイス        115      ブラジル       5
オランダ      106      韓国         4
イタリア       85      チリ          3
スウェーデン    64      シンガポール    3
イスラエル     50      メキシコ        3
ベルギー      39      パナマ        2
デンマーク     31      ポーランド      2
中国・香港     28      ルーマニア     2
スペイン       25      イラン         1
サウジアラビア   23      フィリピン       1
オーストリア     20      チェコ        1
ニュージーランド  20      トルコ         1
フィンランド     18      ポルトガル      1
台湾         14      その他        0

[ISI Highly Cited Researchers Version 1.5]
http://hcr3.isiknowledge.com/formBrowse.cgi
随時アップデートされてるので数字に変動があるかも、気になる人は自分で確認してね



198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:24:16.09 ID:BZpb1Tus0
日本は島国で基本単一民族だから移民はねぇ
日本人のメンタリティだから技術に強いってのは大きいと思うけどな


211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:28:57.53 ID:CO3RCkbO0
>>198
中韓台に追い越されてる分野もあるのに
そういう理想の日本人像に胡坐かいてる時代でもないだろ


217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:30:11.50 ID:BZpb1Tus0
>>211
日本を追い越してるような優れたやつらが移民として来る訳じゃないからな


223:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:31:32.48 ID:CO3RCkbO0
>>217
そりゃ当たり前だろ、日系移民だってほとんどは部落民だったんだから
逆に日本に来る移民がどういう人たちかも想像は付く

でも、それでも日本経済には必要なんだろう


232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:34:33.33 ID:BZpb1Tus0
>>223
いうても日本は1億人越えだからなぁ
人が足りなくてってわけじゃないから教育とかの方が先決だと思うが


239:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:37:04.12 ID:CO3RCkbO0
>>232
現時点では危機感無くても、もっと先の将来も考えて今は布石作ってる程度じゃない
まずは過疎地や農村漁村などの跡取りがいない場所を中心にって感じだろ

どこの国か忘れたけど、国家単位で日本の漁村向けに移住するための
教育を行ってる国もあるみたいね、NHKでもしてたよ


242:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:38:25.90 ID:khTNwHBg0
>>239
>>過疎地や農村漁村などの跡取りがいない場所

こういう問題も過去のアメリカで起きてたりする?


248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:39:52.11 ID:CO3RCkbO0
>>242
俺は詳しくないが
移民大国のアメリカは常に経済が減退すると、移民を行ってきた歴史がある
日本みたいに土着民しか基本いない国とじゃさすがにそこは比べられないだろう


259:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:42:35.78 ID:khTNwHBg0
>>248
>>移民大国のアメリカは常に経済が減退すると、移民を行ってきた歴史がある

無知で申し訳ないんだけど
なぜ経済が衰退すると移民を行ったのか
この辺詳しく聞きたい


269:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:45:22.77 ID:BZpb1Tus0
>>248
×移民大国のアメリカは常に経済が減退すると、移民を行ってきた歴史がある
○移民大国のアメリカは常に経済が減退すると、戦争を行ってきた歴史がある


281:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:48:44.29 ID:CO3RCkbO0
>>269
なんかどうしてもひとつくらい俺に反論したいようだが
それはどちらも○が正解だ

アメリカは10年おきに経済対策に戦争をしてるのも事実だし
経済が行き詰ると大量の移民政策を行ってきたのも事実だ


247:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:39:38.36 ID:BZpb1Tus0
>>239
足りないから外人を連れてくるって方法じゃジリ貧なのは目に見えてるだろ
それより日本人が猟師になりたいと思えるような環境作りや教育のほうが大事じゃね?


253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:41:30.24 ID:CO3RCkbO0
>>247
>それより日本人が猟師になりたいと思えるような環境作りや教育のほうが大事じゃね?

それを国が思いつかなかったと思うか?して来なかったと思うか?
というか散々跡取り問題はもう何十年も昔からあるよ、それが解決してないのが答えだろう


263:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:43:18.75 ID:BZpb1Tus0
>>253
してきてないだろ
いまだに日教組がどんだけ組織力持ってると思ってるんだよ
政治も売国がメインだしさ


270:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:45:40.95 ID:T//clT8k0
>>263
政治がそれをするインセンティブが無いからね。


276:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:47:18.92 ID:BZpb1Tus0
>>270
やっぱ教育とマスコミだな


284:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:49:34.79 ID:T//clT8k0
>>276

うん。報道機関は国民のリテラシー上げるために必要不可欠。
政治が機能しないのって最終的には国民にリテラシーが無いからだと思うし。
(自分も含めて)


200:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:24:30.88 ID:IbHE9Wxr0
300人委員会のうち200人がアメリカ人


201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:24:45.59 ID:/8b2dSnd0
移民による治安の悪化に不安に怯えるくらいなら経済など発展しなくてもいいわ


214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:29:43.14 ID:tBm7Jz4F0
>>201
でもじーさん達にお金用意しなきゃいけないからワラ



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:33:00.72 ID:fLkdsr3A0
日本経済に移民が必要ってのがよくわかんない
どの分野で働いてもらうのかな


237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:36:44.57 ID:tBm7Jz4F0
>>226
名目上は人口減少による経済衰退の歯止めだけど実質は社会保障に当てる税収目的だと思うよワラ


233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:34:35.42 ID:lH3/3iBs0
草食系とか言われるのむかつくよな
あれなんだよな、日本はわりかし欲深いのを悪とみなすからな
欲しいものがあっても我慢するみたいな
ホントはそういう感情が大事だと思うけど

最近だとホリエモンとかが肉食系だったと思うけどつぶれちゃったね


236:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:36:41.81 ID:OVDC5keX0
>>233
欲張り排除するのが日本の自浄作用なんじゃね?



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:35:29.02 ID:gmX6FAuf0
寧ろ俺は仕事嫌いな国民性のカナダとオーストラリアが何故豊かなのかそっちの方が
気になる。ズル休み大国、怠け者大国の両国が何故あそこまで豊かなのか。
そっちの方が知りたい。


238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:36:51.41 ID:T//clT8k0
>>234

効率がいいからじゃない?


256:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:41:35.37 ID:Qsrxl20n0
>>234
両国ともアメリカの穀物メジャーや資源メジャーのオコボレだけで回せる経済規模と人口だから


260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:43:03.26 ID:gmX6FAuf0
>>256
なるほどねぇ。アメリカとの繋がりもあるようですね。


243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:38:34.39 ID:mCo+LIWw0
近年にみる東アジアの少子高齢化
http://www.jaas.or.jp/pdf/52-2/p95-112.pdf

高齢化のスピード(2004年推計)          (単位 : 年)

高齢化率7%  高齢化率14%  倍加年数

日本         1970       1994       24
中国         2001       2024       23
韓国         1999       2016       17
香港         1983       2014       31
シンガポール    2000       2016       16
タイ          2005       2025       20
マレーシア      2018       2038       20
インドネシア     2018       2037       19
フィリピン       2024       2044       20
ベトナム       2020       2034       14

少子高齢化の速度

ベトナム>シンガポール>韓国>インドネシア>タイ=マレーシア=フィリピン>中国>日本>香港


264:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:43:20.13 ID:I0mY57+D0
>>243
日本以上に少子高齢化問題が深刻な国が
先進国でなく途上国に沢山あるという事?


271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:46:11.81 ID:3aOiAzj/0
>>264
これ平均寿命とか計算に入れてあるのか疑問だけどね。
PDFとか開くのめんどいから中身みてないけど。


279:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:48:35.50 ID:mCo+LIWw0
>>264
少子化の速度が速いと、人口ピラミッドの括れが酷くなる
括れが急角度であればあるほど、高齢化問題が深刻になる


244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:38:49.40 ID:fLkdsr3A0
人口減少を悪いことと考える痴呆がいるってことか
適正人員とか規模に対する生産力とか考えれば5000万くらいでいいじゃんか人口


266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:43:54.03 ID:CO3RCkbO0
>>244
そうすると日本の年金や福祉関係が問題になる
あと、過疎地の病院などのインフラや残った老人をどうするって話になる

元から日本のシステムは人口増加を元に設計されてるのが問題で
これを今更根本から破壊する事は・・・どうなるんだろうな
幕末の比じゃない混乱は起きるだろうな



278:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:47:56.74 ID:fLkdsr3A0
>>266
その辺が問題になるのは人口過多な年代がくたばればまず解消されるよ
それまでをどうするかってのは二つあって、一つは今の若い年代が負担を負うか
年寄り達に苦しんでもらうかだけど、普通に生物なら後者のはずなんだよなぁ


300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:55:28.01 ID:CO3RCkbO0
>>278
日本が民主主義のままなら、当然数が多い老人側を擁護するのが
普通の政治家だろうな

もっとも若者が負担を背負えないのは目に見えてるから
移民に頼ろうとしてるんだろうが



310:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:02:40.90 ID:fLkdsr3A0
>>300
結局そこなんだよな
年寄り連中が自分の権利とやらを手放さないって前提があるからおかしなことになるんだよ

年寄りがいつまで経っても生命維持活動くらいしかできないのに生き残ってるから
全部が固まって流動化できてないのさ
65過ぎたら治療とか蘇生とかしないって法制度化したほうがいいと思うよ


312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:04:29.03 ID:CO3RCkbO0
>>310
お前ずっとVIPでそういう老人と若者の対立について
語ってないか?

本気で老人は若者を守るため大量処分しても良いとか思ってる?



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:09:45.02 ID:fLkdsr3A0
>>312
いや、VIPはあんまり来ないよ

大量処分しろって明言はしないけど
普通の人間とか生物は次世代の為に生きて死ぬものだし
そうでないと全体としての資産は逓減していくに決まってるんだから
高齢者の人たちが日本の未来を憂うならお亡くなりになった方が早いですよと


322:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:12:31.82 ID:T//clT8k0
>>319

いやいや笑
自分のおじいちゃん死んで欲しくないでしょ。


331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:21:40.77 ID:fLkdsr3A0
>>322
まぁ、俺もそうだけどね
単純にこうすりゃ簡単に解決するじゃんってだけだから
別にご老人達に恨みは無いですよ
ただ、あまりにも生物として長命すぎるのは社会的生活を営む上では
デメリットしか生まないし、それらを優遇すればいずれ衰退するしかないよってだけ


323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:13:27.71 ID:CO3RCkbO0
>>319
お前のレス見たら言ってるのと一緒だろ
しかも遠まわしに何度も言ってるあたりもっと深い憎悪すら感じる

ネットではもっと本音で言っても良いと思うけどな
そもそも対馬丸事件を挙げたように、政治的に大量に人を処分するのは
日本に限らず世界中でやってる事だ


331:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:21:40.77 ID:fLkdsr3A0
>>323
まぁ、俺もそうだけどね
単純にこうすりゃ簡単に解決するじゃんってだけだから
別にご老人達に恨みは無いですよ
ただ、あまりにも生物として長命すぎるのは社会的生活を営む上では
デメリットしか生まないし、それらを優遇すればいずれ衰退するしかないよってだけ


246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:39:13.52 ID:gmX6FAuf0
最近の若い子達の清貧ぶりは見ていて可愛いものがあるw


250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:40:47.95 ID:lH3/3iBs0
>>246
大卒入社一年目のリーマンが欲しいものも買わずに
老後にむけての貯蓄を始めるののどこが可愛いんだよw


255:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:41:34.89 ID:gmX6FAuf0
>>250
いやー何となく戦前の貧しい人達のようで質素で可愛いwww


249:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:40:18.92 ID:PW8E7IzY0
数々の経済的発明で長年ドルの価値とGDP成長を維持し続けたから

金融、証券、石油経済、戦争経済、ネット経済、特許市場、つーかほぼユダヤ

初めは汚いとされる商売だったんだが何を信じても額面は変えられない
アメリカがってよりも拝金が最強の宗教だったらしい


252:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:41:15.09 ID:mCo+LIWw0
アメリカの都市がない

世界で生活水準の高い都市ランキング発表--1位はチューリッヒ、東京は3位
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/06/16/047/

Quality of Life ランキング

順位  都市名(国名)
1位   チューリッヒ(スイス)
2位   コペンハーゲン(デンマーク)
3位   東京(日本)
4位   ミュンヘン(ドイツ)
6位   ストックホルム(スウェーデン)
7位   ウィーン(オーストリア)
8位   パリ(フランス)
9位   メルボルン(オーストラリア)
10位  ベルリン(ドイツ)
12位  マドリード(スペイン)
13位  シドニー(オーストラリア)
14位  バンクーバー(カナダ)
15位  バルセロナ(スペイン)
16位  福岡(日本)
18位  シンガポール(シンガポール)
21位  アムステルダム(オランダ)
22位  京都(日本)
24位  ジュネーブ(スイス)
25位  リスボン(ポルトガル)



261:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:43:10.31 ID:YTpMPgc00
>>252
FUKUOKAってそんなよかったんだ


265:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:43:21.12 ID:V58V/l580
東京が三位ってないわ
煩わしい都市ランキングだったら分かるが


272:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:46:18.44 ID:/8b2dSnd0
>>265
映画館の数とかが影響するランキングだしなあw


268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:44:15.05 ID:mCo+LIWw0
2020年購買力平価基準GDPでみた世界トップ10大都市は、東京に続いてニューヨーク(2位)、
ロサンゼルス(3位)ロンドン(4位)シカゴ(5位)パリ(6位)メキシコシティ(7位)フィラデルフィア(8位)
大阪(9位)ワシントンDC(10位)

2020年の予測(括弧内は2005年のランク)

1(1)    東京
2(2)    NY
3(3)    LA
4(6)    ロンドン
6(5)    パリ 
9(7)    大阪/神戸
14(14)   香港
16(32)   上海
17(20)   ソウル
23(25)   モスクワ
29(44)   北京

ソース
The 150 richest cities in the world by GDP in 2020
http://www.citymayors.com/statistics/richest-cities-2020.html



273:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:46:26.21 ID:mCo+LIWw0
人口増加率順リスト(日本以下の国々w)

順位        人口増加率 (%)

210 日本      -0.07
212 ポーランド   -0.08
213 ドイツ      -0.09
214 エストニア   -0.11
217 クロアチア   -0.15
218 ハンガリー   -0.21
219 ドミニカ国   -0.28
221 ロシア      -0.40
222 ルーマニア  -0.42
223 ラトビア     -0.46
224 ベラルーシ   -0.47
225 ブルガリア   -0.64
226 ウクライナ   -0.65
227 リトアニア    -0.97
229 グルジア    -1.13

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E3%81%AE%E4%BA%BA%E5%8F%A3%E5%A2%97%E5%8A%A0%E7%8E%87%E9%A0%86%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:47:55.40 ID:HkRF8Sg60
どうでも良いけど戦前、五族協和の満州帝国にユダヤ人疎開地を作る予定があったらしい。
一説によると、米国の経済界を牛耳るユダヤとの親睦を深めて米国の経済を
抑えようととか抑えないとかを日本は考えてたとか考えないとか


296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:53:17.94 ID:tBm7Jz4F0
>>277
蒼天の拳でそんな話聞いた気がするワラ


302:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:55:53.45 ID:HkRF8Sg60
>>296
実際には欧羅巴で迫害されたユダヤ人がカザフやロシア経由で満州に少しだけ来たんだけどね。
まぁ後は分かるとおりに日本フルボッコにされちゃったから


306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:00:14.21 ID:PW8E7IzY0
>>302
石原莞爾はアジアのアメリカを目指していたらしいな
国家に必要なのは人間資源そして借金


283:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:49:13.03 ID:BeEO1UUfP
カナダに親戚住んでるが暮らしやすいって言ってた
30年だか働けば恩給って年金みたいなもんが出るんだと
州によって税金が違うらしくて、州の経済がいいときは税金安いからそういうときはそこまで買い物に行くっつってたな

でも物価高いわ、アメリカの3倍ぐらい


288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:51:05.55 ID:mCo+LIWw0
ニートの数ではたぶん中国が世界一w


おめでとう!!中国産ニートが1200万人を超えました
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/news/1197442975/

中国のニート1200万人 若者の就業率が低下 中国青年報

【北京12日共同】12日付の中国紙、中国青年報によると、中国青少年研究センターなどがまとめた
青年に関する報告は、16-35歳のニート人口が2005年に約1216万人に達し、
若者の就業率が低下していると指摘した。

●成人の30%が親のスネかじり――若者のニート化は誰のせい?
http://news.xinhuanet.com/newscenter/2005-07/08/content_3191461.htm

●大卒者に激増する「傍老族」、富の偏在という歪んだ社会を象徴
http://finance.sina.com.cn/xiaofei/shenghuo/20050222/10061373572.shtml


292:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:52:13.33 ID:HkRF8Sg60
>>288
中国で憤青が増えていた理由はそれか


294:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:52:45.71 ID:T//clT8k0
理解できないデータが多いが数字で語る>>288は素敵だ。


289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:51:44.10 ID:OVDC5keX0
教育こそ国の要だよな
フィンランドのノキアとか
チョンのサムチョンとかでかい企業成り立ってるの
教育のおかげだと思うよ


306:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:00:14.21 ID:PW8E7IzY0
>>289
どっちも輸出の国策企業だよね
結構犠牲強いてるよあれ


297:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:54:07.55 ID:3aOiAzj/0
もう日本州にしてもらおうぜ!


299:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:54:47.25 ID:OVDC5keX0
>>297
はい、アメリカの下院乗っ取れます



303:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:55:56.05 ID:I0mY57+D0
>>299
アメリカ人の4分の1が日本民族になるから嫌がるんだよな
面白いよな


298:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:54:46.96 ID:Qsrxl20n0
PPPってのはその国の物価に合わせた数値だからな
PPPでGDP総額のランク語ってもあまり意味がない
逆に一人当たりGDPはPPPの数値の方が実態に近い


307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:00:22.00 ID:tBm7Jz4F0
>>298
そもそも日本製と中国製が同じ質な訳ないしねワラ


304:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 04:58:57.96 ID:mCo+LIWw0
まあニートについてはアメリカも酷いもんだけどねw

OECD各国のニート率(20~24歳人口中)
Youths aged between 20 and 24 who are not in education nor in employment
As a percentage of persons in that age group

1997   2007

Iceland        6.6   6.4
Netherlands     7.1   6.9
Japan         7.7   7.6
Denmark       6.5   8.2
Australia       17.5   10.7
Sweden       16.3   13.1
Canada       17.9   13.7
OECD        18.8   14.9 OECD average
France        18.0   15.1
Germany      18.4   15.2
United States   15.1   16.2
Spain         22.1   17.2
United Kingdom  ..    18.1
Italy          ..     22.6
Turkey        48.4   45.7

OECD Factbook 2010: Economic, Environmental and Social Statistics
Quality of life / Society / Youth inactivity
http://www.oecd-ilibrary.org/sites/factbook-2010-en/11/03/04/index.html?contentType=&itemId=/content/chapter/factbook-2010-93-en&containerItemId=/content/serial/18147364&accessItemIds=&mimeType=text/html


315:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:05:27.55 ID:PW8E7IzY0
>>304
それってスゴイ豊かってことじゃね?
イタリアじゃ30まで親元が普通だけどトルコにではステイタスなのかもな


321:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:11:20.89 ID:mCo+LIWw0
>>315
いやヨーロッパの場合は案外深刻かもw

ヨーロッパの世代間格差:ベビールーザーたち
http://blog.hix05.com/blog/2007/03/post_131.html

>今日の若者たちの中心は、戦後のベビーブーマーの子どもたちだ。彼らはその不運を、
>親の世代の幸運と対比されて、ベビールーザー”Baby Loser”と呼ばれている。結婚して
>子どもをもうけるという、人間として当たり前のことがなかなかできない、そんなところか
>ら付けられたニックネームである。

>西ヨーロッパ全体を通じていえることは、若者の親への依存が強まっていることだ。
>今日のイタリアでは、30代前半の男女のうち、実に45パーセントが親の家に住み、
>ママの手作りの料理を食べ続けている。フランスでは、24歳の若者の65パーセント
>が親と同居している。比較的ましなイギリスでも、若者が一人前に独立する年齢は、
>1976年の26歳から、今日では34歳までに高まった。

The Lost Youth of Europe
http://www.newsweek.com/2007/03/11/the-lost-youth-of-europe.html



316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:07:11.99 ID:CO3RCkbO0
あと、日本は人口多すぎ、もっと減らしても良いって言うが
そもそも日本の人口が爆発的に増えたのは、明治以降の軍事力を拡大するのが目的で増やし
それがが減るという事は、軍事的にも縮小することを意味するのだが
それは良いと思ってるのだろうか?それこそ日本の中韓北に対する防衛問題が大きくなるが


320:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:09:45.10 ID:T//clT8k0
>>316
そもそも豊かじゃないから人減らせなんて道徳的に狂ってるよな。
現実的でもないし。ただ、老害は紛れも無い事実だけど。


327:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:14:59.30 ID:fLkdsr3A0
>>316
軍事力の点は、はっきり言って現状は人員過多だと思う
国外を制圧して拠点化するつもりなら陸上自衛隊は現状維持だけど
防衛戦力としての陸上戦力は半数くらいでいいと思う
中韓北に対する戦力は海空が機軸で特に空はオートメーション化が進んでいるし
人口減少による防衛力低下は問題じゃないと思う


329:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:19:09.10 ID:CO3RCkbO0
>>327
なるほど、確かにそうだな、あくまで急激に減るんじゃなくて
段階的に減らすなら問題無いかも
それなら移民も必要ないだろうしな

問題は技術力で追い越されたら、防衛の意味が無い点と
移民製策は何も日本が単独判断で辞められない点に来てる事と
年寄りの処分は実際にどういった方法を使うかだおるな


338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:27:10.08 ID:fLkdsr3A0
>>329
そそ、だから浮いた老人向けの社会保障費を技術力の強化に充てるの
二項目目は外交が絡んでくるからどうしようもないかな
例えば移民の半数以上が該当する条件(数年間は○○%の移民税を払わなければ強制退去とか)
を不可して、実質移民政策を形骸化するとかはあるけど
高齢者の処遇はネタでしか浮かばない
ってかあればもうやってるわなw


342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:31:24.78 ID:CO3RCkbO0
>>338
>例えば移民の半数以上が該当する条件(数年間は○○%の移民税を払わなければ強制退去とか)
>を不可して、実質移民政策を形骸化するとかはあるけど

お前天才だな、そのタイプのやり方なら、中国などに恥をかかせずに
断れそうだな、疑われない程度に無理な税率に設定して
ある程度移民の数を減らして実質無かったことには出来るだろうな


348:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:38:23.62 ID:fLkdsr3A0
>>342
まぁ、ファンタジーってか架空だから実際はそんな高い移民税は無理だと思うけど
治安低下阻止の名目なら、軽犯罪法違反とか軽い罪で強制送還したり
移民からの家賃収入には特別課税する(家がなかなか見つからない)+住居の無い者は送還
とかにすれば実際も可能だと思う


352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:43:36.41 ID:CO3RCkbO0
>>348
それ自体もほぼ上手く行くだろうし、それが無理でも
その考えの流れに沿って、他の防止策を何重にも張れば良い話だ
どうやら日本の明るい未来も見えてきたな


357:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:46:34.93 ID:fLkdsr3A0
>>352
あくまでファンタジーどす
実際はご老人方が普通にくたばり切るであろう後30年くらいは鬱々な日々だろうなー
日本がボロボロで済むか無くなってるかまじめに考えて微妙なラインだけど


325:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:13:57.39 ID:mCo+LIWw0
OECD各国の雇用率(対人口比)(男性;全年齢)
Employment / Population Ratio (Men;Age=Total)

Country      2000   2009

Japan        87.8   88.7
Switzerland     89.9   87.5
Mexico       87.0   82.0
Norway       83.1   80.7
Denmark      81.4   80.5
Australia      78.7   80.4
Austria        78.0   78.6
Korea        76.4   78.6
United Kingdom  80.5   77.9
Germany      73.8   77.0
Canada        77.6   76.5
Sweden       78.0   76.3
OECD countries 78.8   76.1
United States   83.4   75.4
Italy         69.5   70.1
Finland       71.2   70.1
France        68.5   68.8
Spain         73.3   68.1
Poland        63.0   67.2
Turkey        74.1   66.3
Hungary       63.2   61.7

Data extracted on 16 Oct 2010 17:25 UTC (GMT) from OECD.Stat
http://stats.oecd.org/Index.aspx?DatasetCode=LFS_SEXAGE_I_R



326:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:14:15.95 ID:tBm7Jz4F0
賦課方式を盾に年金払えませんは通用しないのかなワラ
いや団塊以前は積み立てだったかな


330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:20:39.98 ID:mCo+LIWw0
社会保障給付費の対GDP比(%)

スウェーデン    31.3
フランス       28.7
デンマーク     27.6
ドイツ         27.3
ベルギー      26.5
オーストリア     26.1
ノルウェー     25.1
イタリア       24.2
ポルトガル     23.5
ポーランド     22.9
ハンガリー     22.7
フィンランド     22.5
ギリシャ       21.3
オランダ       20.7
OECD平均     20.7
英国         20.6
スイス        20.5
スペイン       20.3
オーストラリア    17.9
日本         17.7
カナダ        17.3
米国         16.2
アイルランド     15.9
メキシコ       6.8
韓国         5.7

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2798.html



336:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:24:37.31 ID:T//clT8k0
>>330

社会保障の負担額って切り口より、
企業の意思決定者が老人であることの方が問題だと思うが。

てか以外と少ないのね。
勉強になりました。


332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:22:23.86 ID:CO3RCkbO0
しかしそうか・・・ID:fLkdsr3A0やID:OVDC5keX0みたいに
老人大量処分に躊躇も無い若者もいるか・・・・日本の未来は明るいな

薩長も、昭和政府も、そういう汚い事にも手を染めた上で、多数の日本人を守ってきた
そして英雄と呼ばれるようになった訳だしな


333:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:23:49.71 ID:mCo+LIWw0
日本はデフレ(供給>需要)だから、消費するだけの高齢層が突然いなくなったらデフレスパイラルで
日本経済崩壊ということにw


334:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:24:05.68 ID:bskKDrOH0
老人ホームではなく戦争の最前線に送り込みましょう!


339:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:28:02.69 ID:CO3RCkbO0
>>334
処分したい少数民族を、戦争の最前線に送り込む手口は
古いながらも、疑われること無く行える最もベストな方法だな
大体少数民族は立場が弱いから貧乏で嫌でも軍隊に入る奴が多いし

ただ、この場合は老人が相手じゃ通用しないだろう
戦争時の自己に見せかけて老人を大量に載せた避難船を沈没させるのが
この場合はベストだろうな、使い古されたやり方が一番安全だ


341:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:30:15.92 ID:bskKDrOH0
>>339
なるほど
鳥肌実のネタなんだが
意外とまともなこと言ってるのねwww


345:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:35:23.99 ID:CO3RCkbO0
>>341
鳥肌実というのを俺は知らないが
実際に日本やアメリカなどがやってきた方法でもあるみたいね


377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:03:06.84 ID:CO3RCkbO0
>>341
鳥肌実についてちょっと調べたけど、うんなるほど
この人はそれネタじゃなく本気で言ってるんだよ


381:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:11:00.77 ID:fLkdsr3A0
>>377
うん、まぁグチになるけどねぇw
あんまり「世代の傾向!」とかって感じでカテゴライズしたくないけど
もう本当にバブル世代だから無能なんですねとしか言いようが無いのが結構多い
PCもそうだけど、平社員と管理職で必要なスキルが違うんだから平の内に習得して然るべき能力を
係長だの課長だのの管理職である今現在有してないのさね
だいたい45~60って主戦力~教育指導係だろうにお前はいつまでバブリーなのかと
向上心が無いんだよ

なんにせよ65歳以上の方の人数の無駄な多さと
それより少し下の世代のだめだこりゃ的なアレで閉塞感が強いわなジャパン


343:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:32:17.90 ID:fLkdsr3A0
>>339
それはいいけど問題は老人非難させる状況=本土がヤバイ(ヤバ気)
だからなぁ…一回外地を獲得→老人転居→軍人退去→取り返しにきたぁぁぁ→ソレ
かな?


349:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:39:42.47 ID:CO3RCkbO0
>>343
沖縄人を処分した対馬丸事件と違って、全国の老人を非難させるケースだと
本土が戦火に飲まれてる状況下でしか確かに使えないな

うーん・・・・その方法は使えるな、身寄りが少ない老人が増えてるし
ある程度国が誘導して特定の場所に集めるのは出来そうだ
全員でなくても1/3くらい処分できればひとまず最高だろう


351:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:43:29.60 ID:fLkdsr3A0
>>349
そうだ、老人ホームを占拠した外地に作ればパーセンテージがあが(ry

俺らご先祖様に呪い殺されそうw


356:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:46:22.01 ID:CO3RCkbO0
>>351
良いんだよ、本土を守るために沖縄人を見殺しにしてきた世代だ
「自分たちが逆の立場になったら文句を言う」のは筋が通らない話だ


362:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:48:55.84 ID:fLkdsr3A0
>>356
ま、世代でいうとそうなるなぁ確かに
でも本当の所日本を食いつぶすのは40後半~50代だと思うの助けてうちのハムスター


335:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:24:22.31 ID:HkRF8Sg60
つーか正直中露とか中印とか中国VS東南アジア辺りで大規模な戦争でも起きないかなぁ。
不謹慎と言うが、移民を近隣諸国から受け入れるとすればこの
状況下以外にない。移民してきた人たちには日本に対して少なからずの感謝の念を
持ってもらわないと意味が無い。俺たちに頭が上がらない様にしないと必ず
禍根を残す事になる


337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:26:49.79 ID:mCo+LIWw0
OECD諸国の医療費対GDP比率(2008年)(%)

医療費対GDP(%)   公的負担対GDP比

1 米国          16.0              7.4
2 フランス        11.2              8.7
3 スイス         10.7              5.3
4 オーストリア     10.5              8.1
5 ドイツ         10.5              8.1
6 カナダ         10.4               7.3
7 ベルギー       10.2               7.4
8 オランダ        9.9               6.2
9 ポルトガル       9.9               7.1
10 ニュージーランド  9.8              7.9
11 デンマーク       9.7               8.2
12 ギリシャ        9.7               5.8
13 スウェーデン     9.4              7.7
14 アイスランド      9.1              7.6
15 イタリア        9.1               7.0
16 スペイン        9.0               6.5
17 アイルランド     8.7              6.7
18 英国          8.7              7.2
19 オーストラリア    8.5               5.7
20 ノルウェー       8.5              7.2
21 フィンランド      8.4               6.2
22 日本          8.1              6.6
29 韓国          6.5               3.6

(資料) OECD Health Data 2010 - Version June 2010
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/1890.html



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:29:39.90 ID:qtDg8vMLQ
>>337
人間死ぬ時が一番医療費掛かるんだよな。日本だと75歳以上が医療費の3分の1を使ってるらしい
十何年か後、団塊が75歳位になったらヤバそう


344:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:34:09.08 ID:mCo+LIWw0
人口減少経済と移民等に関する一考察
http://www.mof.go.jp/jouhou/soken/column/oguro_001.htm

1998年改訂の国連人口予測における中位推計をベースライン(シナリオⅠ)として、
「1995年以降に移民の流入がないケース(シナリオⅡ)」、「1995年以降における総人口
ピークの水準を維持するケース(シナリオⅢ)」、「同様に、ピーク時の15~64歳人口を
維持するケース(シナリオⅣ)」、「同様に、ピーク時の15~64歳人口の65歳以上人口に
対する割合を保つケース(シナリオⅤ)」について、必要な移民流入数を推計し、2050年
までの移民総数や平均年間移民数を比較

日本と、同様に少子化が進む韓国のシナリオ別必要移民累計(2000年-2050年) (単位1000人)

シナリオⅢ  シナリオⅣ   シナリオⅤ

日本       17,141      32,332     523,543

韓国        1,509       6,426    5,128,147


シナリオⅤの人口ピーク時の高齢化率を維持するには2050年までに

日本は5億2354万3千人、韓国は51億2814万7千人

の移民受け入れが必要、つまり地球人の大半が韓国人になる必要があるw


346:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:37:39.29 ID:T//clT8k0
>>344

やっぱ失敗を学んだ国は凄いな。


347:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:38:18.59 ID:RdHcdOaG0
米はよく日本を植民地にしなかったよな。奴隷になっていたかもしれないのか。


352:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:43:36.41 ID:CO3RCkbO0
>>347
日本をむしろアメリカが間接支配して発展させてやる事で、アジアの反米国家へ
鬼畜米英のイメージを払拭させるつもりだったんじゃない


350:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:43:07.88 ID:bskKDrOH0
沖縄に老人移住させて、その後アメリカにやっちまえばいい
国防と老人排除の一石二鳥

後は沖縄が火の海のなろうが知ったこっちゃ無い


353:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:43:40.72 ID:mCo+LIWw0
Nation Brands Index
http://www.simonanholt.com/Research/research-introduction.aspx
各国における移民先&投資対象としての日本の評価 (50カ国中のランク)
(評価の高い順に列挙)

06: Immigration and Investment 2009

エジプト     2nd out of 50
ロシア      6th out of 50
インド       8th out of 50
ブラジル     8th out of 50
メキシコ     8th out of 50
ポーランド    9th out of 50
トルコ      9th out of 50
アルゼンチン  12th out of 50
オーストラリア  12th out of 50
南アフリカ    13th out of 50
韓国       14th out of 50
アメリカ     15th out of 50
イギリス     15th out of 50
イタリア      15th out of 50
カナダ      16th out of 50
ドイツ       18th out of 50
スウェーデン  18th out of 50
フランス     19th out of 50
中国       30th out of 50

調査したSimon Anholtは
http://en.wikipedia.org/wiki/Simon_Anholt
>Simon Anholt is a British government advisor specializing in the field of nation branding.



355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:45:50.49 ID:mCo+LIWw0
アメリカには反省してる人もいるw


今日われわれが当面している朝鮮の情勢をみるならば、これらの言葉に付け加えて
論評する必要はない。アジアにおけるわれわれの過去の目標は、今日表面的には殆ど
達成されたということは皮肉な事実である。

遂に日本は中国本土からも、満州および朝鮮からもまた駆逐された。これらの地域から
日本を駆逐した結果は、まさに賢明にして現実的な人々が、終始われわれに警告した
通りのこととなった。

今日われわれは、殆ど半世紀にわたって朝鮮および満州方面で日本が直面しかつ担って
きた問題と責任とを引き継いだのである。もしそれが他国によって引き受けられたならば、
われわれとして軽蔑したような重荷を負って、現にわれわれが苦痛を感じているのは、
確かに意地の悪い天の配剤である。

とりわけ最も残念なのは、ほんのわずかの人びとにしか、過去と現在との間の関係が目に
見えないように思われることである。

もし、われわれが自らの過誤から教訓を学ばないとしたならば、いったい何からわれわれは
それを学び取ることが出来ようか。

ジョージ・F・ケナン 『アメリカ外交50年』1952年より
http://www.amazon.co.jp/dp/4006000308



359:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:48:19.42 ID:qtDg8vMLQ
アメリカ人が一番なんじゃなくて一番の奴がアメリカ人になるんじゃね?


365:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:52:41.00 ID:CO3RCkbO0
40後半~50代なんてまさに沖縄を売った見返りにアメリカから安全と保護を受け取った世代だ
その上、部落差別とかも多分してきた世代だろう、死んでも文句言う筋合いは無い

>>359
成功者が東京に住むのと一緒か


374:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:58:26.86 ID:fLkdsr3A0
>>365
単純に学力の程度が低いのと就職前後~若手の時代にバブル期到来で
あらゆる能力が低い印象
だから若いころはともかく昇進で基本給が上がった昨今は
会社への貢献<給与
な感じ
まぁ、当然その世代全員に会ってる訳じゃないけど
なんていうのかなぁ……なんでできない・理解できないかなぁって事が多い

40代で法人税とか所得税とか会計学理解できないとか考えられない


377:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:03:06.84 ID:CO3RCkbO0
>>374
あー分かる
我慢してりゃアホでも出世した世代だよな
PC一つ使いこなせないのに、給料だけは若者の倍は貰ってるもんな
せめてワードくらいは使えないと、管理職の仕事は今やできないだろうに


361:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:48:50.08 ID:tBm7Jz4F0
なにこの暴論の流れワラ
所詮VIPって事ねワラ
まだBI議論でもした方が現実性ありそうなもんだけどワラ



369:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:54:49.64 ID:T//clT8k0
>>361

中盤くらいまではいい感じだったんだけどね。
残念。

あ、>>360おつ!
半分以上分からんかったが尊敬するよ。

さ、寝よ。


370:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:55:57.91 ID:CO3RCkbO0
>>361
これが暴論なら、我が国は・・・いや他の国もしてるが
国家とは相当悪逆非道って事になるが

結果的に多数の人間の生活を守ってるんだから良いと思うが
最大多数最大幸福の考え方だよ国家の基本は


368:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:53:21.51 ID:PW8E7IzY0
そのうち中国か台湾あたりが介護経済特区作って
日本の老人を根こそぎ輸入し始めるよ
金づる奪われるよ


371:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 05:56:15.04 ID:e+qBWIFS0
俺アメリカの大学でで経済学勉強している中国人だけど
日本なんてもう話題にすらならないオワコンだよ

中国GDP成長が驚きの10%


379:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:04:51.50 ID:qtDg8vMLQ
一昔前は日本もアメリカもお互い一番の貿易相手だったんだよね
今はアメリカの一番の貿易相手は中国、日本の一番は中国、中国の一番はアメリカ


380:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:07:00.06 ID:mCo+LIWw0
輸出依存度(%) 総務省統計局HP(IMF, International Financial Statistics Yearbook 2007)
http://www.stat.go.jp/data/sekai/zuhyou/0903.xls

輸出依存度(対GDP比%)の低い国からリストすると

01) *7.8 米国
02) *8.2 ギリシャ
03) 12.9 ブラジル
04) 13.2 インド
05) 14.9 日本
06) 16.9 豪州
07) 17.4 スペイン
08) 17.9 英国
09) 18.0 コロンビア
10) 20.0 アイスランド
11) 20.1 モロッコ
12) 21.6 ニュージーランド
13) 21.7 フランス
13) 21.7 アルゼンチン
15) 22.0 ポルトガル
16) 22.4 イタリア
17) 23.0 南アフリカ
18) 28.4 インドネシア
19) 29.8 メキシコ
20) 30.7 カナダ
21) 30.9 ロシア
22) 33.2 デンマーク
23) 33.3 イスラエル
24) 36.7 韓国
25) 36.9 中国



382:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:11:42.63 ID:qtDg8vMLQ
>>380
円高問題等でそれ言うと顔真っ赤にしながら、実質的にはもっともっと輸出に依存してるし云々
っとか言う奴が大量に沸くんだけどその辺どーなん?


391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:26:35.77 ID:mCo+LIWw0
>>382
日本の輸出産業は国内に一貫した生産体制を築いていたので、裾野が広くて緊密に組織化されてる
なので最終的に輸出される金額は大きくなくても国内の生産ネットワーク間で動くお金は大きい
国内の素材&部品メーカー間の取引は内需にカウントされるってこと
なので>>380の数字から受ける印象より、はるかに円高の影響は大きい
まあ先進工業国とはいえドイツと日本なみに組織化された生産体制を国内に持ってる国は少ないと思うよ
韓国の場合、輸出依存度は高いけど、輸出企業が日本ほど国内自立型じゃないので、もしウォン高になっても
日本ほど苦しむことはないかも

中国は韓国に輪をかけてアッセンブリーに特化してるので、元レートが上がっても問題ない、とも言われてるw

中国元を対ドルで引き上げても何も起こらないという理由のひとつ
中国が「世界の工場」ではなくて「世界の組立工場」でしかないから、というものw

It's About Hu not Yuan
http://www.marctomarket.com/2010/06/its-about-hu-not-yuan.html



403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:43:18.61 ID:qtDg8vMLQ
>>391
でも部品から重油の製造まで全ての製造業を合わせてもGDPの20%に満たないんだよね
製造業、輸出が全て。どんな犠牲を払っても守るべき!みたいな論調の奴はどーかと思うわ
まぁ、今は円高過ぎるとは思うけど、、


409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:47:48.48 ID:mCo+LIWw0
>>403
日本政府の見解も参考にしてね

年次経済財政報告
(経済財政政策担当大臣報告)
― 危機の克服と持続的回復への展望―
平成21年7月
内閣府

http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09b08000.html

第1-2-13図 為替レート増価によるGDP押下げ効果
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f12130.html

第1-2-14図 輸出・輸入依存度と為替レート増価によるGDP押下げ効果
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f12140.html

第1-2-15図 為替レート増価によるGDP押下げ効果に影響する要因
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f12150.html

第1-2-16図 為替レートから消費者物価へのパススルー
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f12160.html

第1-2-17図 輸入物価から消費者物価へのパススルーに影響を与える要因
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je09/09f12170.html



434:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 07:16:24.51 ID:qtDg8vMLQ
>>409
輸出依存が少なく、為替増価によるGDP押し下げ効果はそれほど大きくないが
家計消費に占める輸入財等の割合が低いので為替増価によるメリットも少ない
よってデメリットばかり目立ってしまうってことでおk?
ところで、
通貨高による物価の押し下げ効果が小さいみたいだけど、通貨安による物価押し上げ効果も小さいんかな?
体感だと小麦とかガソリンとかの値上げで全体に波及していく様な気がするんだけど


391:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:26:35.77 ID:mCo+LIWw0
>>380の数字から受ける印象より、はるかに円高の影響は大きい
まあ先進工業国とはいえドイツと日本なみに組織化された生産体制を国内に持ってる国は少ないと思うよ
韓国の場合、輸出依存度は高いけど、輸出企業が日本ほど国内自立型じゃないので、もしウォン高になっても
日本ほど苦しむことはないかも

中国は韓国に輪をかけてアッセンブリーに特化してるので、元レートが上がっても問題ない、とも言われてるw

中国元を対ドルで引き上げても何も起こらないという理由のひとつ
中国が「世界の工場」ではなくて「世界の組立工場」でしかないから、というものw

It's About Hu not Yuan
http://www.marctomarket.com/2010/06/its-about-hu-not-yuan.html


383:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:17:48.62 ID:bskKDrOH0
今や生産現場は現地へ。のノックダウン方式が主流だから
日本企業の製品であっても日本製で無いことが多い
からして日本は加工貿易に大部分依存してて、もっともっと輸出してる!
なんて、輩がいても不思議じゃない


386:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:22:34.02 ID:qtDg8vMLQ
>>383
でも本社が利益出せばGDPには反映される!って訳ではないんかな?


390:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:26:32.77 ID:bskKDrOH0
>>386
いや収益は大部分は現地法人の物だと思う
地元からの雇用もあるわけだし

日本も海外資本積極的に誘致してるでしょ?


393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:30:10.79 ID:mCo+LIWw0
>>390
毎月一兆円前後日本へ入ってきてる

2.所得収支:8,229億円の黒字(前年同月比+946億円[+13.0%] 黒字幅拡大)

本邦企業の海外子会社等からの再投資収益の受取増加等により、所得収支の黒字幅は拡大した。

平成22年11月中 国際収支状況(速報)の概要
http://www.mof.go.jp/bop/pg2211.htm


394:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:31:38.81 ID:bskKDrOH0
>>393
なるほどー勉強になるなぁ


395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:31:45.42 ID:QOIz+w7T0
でも世界から尊敬されてない件。

最も世界にいい影響を与えてる国ランキングじゃかなり下じゃなかったっけ?


397:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:34:39.66 ID:mCo+LIWw0
>>395
■世界に良い影響を与えている国 日本が3年連続第1位 英BBC
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080402-OYT1T00195.htm

1年目の1位 日本とEU
http://www.globescan.com/news_archives/bbc06-3/index.html
2年目の1位 日本とカナダ
http://www.globescan.com/news_archives/bbccntryview/backgrounder.html
3年目の1位 日本とドイツ
http://www.worldpublicopinion.org/pipa/pdf/apr08/BBCEvals_Apr08_rpt.pdf



399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:37:03.94 ID:mdiMtC4CP
>>395
これか
むしろ上の方だな
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/e398cef9f73abe01195cccfaa695bc0d


400:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:38:36.05 ID:bskKDrOH0
敗戦国の日本ドイツが高評価ってのも皮肉だな
メリケンお得意の正義()はどうしたんだ?



404:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:44:09.57 ID:CO3RCkbO0
>>400
北朝鮮が50年後には世界に良い影響を与えている国になってますよ
って言われるくらいの衝撃だろうな、当時の連合国にとっては



407:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:46:30.25 ID:I0mY57+D0
中枢国が軒並み良い国になっちまったからなw


410:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:51:58.21 ID:CO3RCkbO0
アジア地域に対する侵略についても、天皇制についても、特攻についても
沖縄やアイヌ問題についても、アメリカが散々「日本は倒すべきキチガイ国家」と宣伝してたのに
たった50年そこらで最下位から好感度1位て、もはや魔法使ったレベルだろ



411:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/01/15(土) 06:55:19.55 ID:mdiMtC4CP
だってそりゃ魔法使いだらけですし


おすすめサイト最新記事一覧







おすすめサイト最新記事一覧