1 : 警務官(長崎県):2010/08/22(日) 14:30:24.48 ID:gt+Dg9WBP

フランスとオーストラリアが「東海」と「日本海」の併記を提案-韓国国際水路機構(IHO)の実務グループ会議が先月初め、シンガポールで開催され、その席上でフランスとオーストラリアが「東海」と「日本海」の併記案を提案したことが明らかとなった。複数の韓国メディアが報じている。

IHOは国際水路機関条約に基づき、海図等の改善により航海を容易かつ安全にすることを目的に設立された国際機関。 現在、日本をはじめとして、韓国・北朝鮮を含む80の国と地域が加盟している。

韓国は、1986年の時点では公式に「日本海」の名称に同意していたが、97年の第15回IHO総会において、過去、日本海にはさまざまな名称が使われていたことなどを理由に、日本海と東海の名称を併記することを要求。
その後も欧米の出版社や新聞社に、東海の併記を強く働きかけてきた。その結果、両国がこの提案を行ったものとみられる。

韓国メディアは、IHOは1900年代前半に3回、海の名称表記規定を採択したが、当時の朝鮮半島は日本の統治下にあり、またその後は朝鮮戦争が起こった。そのため、韓国はこれまで声を上げることができず、東海が「日本海」と表記される結果を招いたとの見方を示している。

今回の提案について、東海と日本海の併記が、国際社会で公式に受け入れられつつあるとして、東海研究会会長のパク・ノヒョン氏の「これは事実上、併記の可能性を前提とした提案であり、勇気づけられる」とのコメントが紹介されている。

IHOは、全世界の海の名称表記を規定するため、昨年7月に作業グループを構成しており、来年6月末までに報告書を作成した後、2012年の総会で解決策が見出される見通しだという。(編集担当:李信恵・山口幸治)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0822&f=politics_0822_007.shtml
続きを読む